最近は減ったと思うのですが、過去にはお行儀の悪い患者さんに困ったことがいくつかあります。医院側の不手際であれば、お詫びしてご勘弁いただくということになりますが、はじめから考え違いをされた患者さんもいます。ほかの病院で何度も外れては付け直しを繰り返していて、いきなり「これつけろよ」という方。予約なしで急患で初めて来院して歯がボロボロなのに「今日中に噛めるようにしろ」という方。予約の時間に30分遅刻してきて、少しお待たせすることを説明すると「今すぐに治療しろ」という方などなど。そのような時、あまりに理不尽なことを言われる方には、「このままお帰りください」とさせていただいております。これは藤村俊二さんの本で学んだことです。

 

投稿日:2018年12月6日|カテゴリ:院長ブログ