本日のセミナーは、吉岡俊彦先生が主催する歯内療法症例検討会でした。
歯の根の中の治療を専門とする研修会で、常に最新の情報と手技を勉強できる貴重な研修です。
常に治療環境をアップデートしておくことで、「助けられないかもしれない歯」を助けられる可能性ができるのですから、歯科医師にとってこんなにうれしい企画はありません。
本日も、「外科的根管治療の適応基準」「穿孔
への対応」「歯種別対応-下顎第一大臼歯」について新たな知見を得て、さっそく臨床の場に生かしていきたいと思います。

 

投稿日:2018年3月18日|カテゴリ:院長ブログ