昨日は、歯科医師国家試験の結果が発表されました。
年々厳しくなっている合格基準ですが、今年も約2000人の合格者が出て、新しい歯科医師が誕生しました。
合格された皆さんおめでとうございます。
厚労省の検討会は「歯科保健医療ビジョン」を提言しており、「歯科医師の資質向上等に関する検討会」の中間報告書が昨年12月25日に公表されています。報告書には、歯科保健医療の需要の変化に対応して、歯科保健医療の提供体制の未来の姿をまとめてあります。今後は、かかりつけ歯科医の機能・役割、医科歯科連携方策などがすすみ、地域包括医療に歯科も積極的に取り組んでいくことになるでしょう。
合格した歯科医師の皆さんはどのようなビジョンを持っているのでしょうか?

投稿日:2018年3月20日|カテゴリ:院長ブログ