電動歯ブラシを使用する方が増えています。手で歯ブラシを使って磨くのが通例ですが、電動歯ブラシも急速に進化しておすすめすべきものが増えています。。

 

「電動歯ブラシ」には大きく分けて3つのタイプが」あります。

 

①超音波電動歯ブラシ

〈特徴〉超音波でバイオフィルムも除去できます。。

〈振動数〉160~200万Hz以上

〈磨き方〉ブラシの振動が微細なため手磨き用の歯ブラシで磨くのと同じように手を動かす必要があります。

②音波電動歯ブラシ(+回転式)

〈特徴〉高速振動によってプラークを除去。歯科で主に取り扱う高機能電動歯ブラシはこのタイプ。

 (フィリップス:ソニッケア、ブラウン:オーラルB、パナソニック:ドルツ など)

〈振動数〉200〜300Hz

〈磨き方〉手磨き用の歯ブラシで磨くときのように手を動かす必要はなく、歯ブラシを歯に沿って動かす。

③その他電動歯ブラシ

〈特徴〉振動によってプラークを除去。

〈振動数〉3〜7千回/分

〈磨き方〉振動数が少なく手磨きをサポートする程度のため、しっかりと磨くには手を動かす必要があります。

 

電動歯ブラシの長所

①正しく歯に当てればプラーク除去効果が高い。

②短時間で磨け、疲れにくい。(2分程度)

③歯の表面がツルツルになるので、プラークが付きにくくなる。

 

電動歯ブラシの短所

①価格帯はいろいろあるが平均的には高価(2,000円〜50,000円程度)になります。

②当て方を間違えると歯ぐきや歯を痛めてしまいます。

③フロスや歯間ブラシといった補助用具を補助的に使う必要があります。

 

電動歯ブラシはこんな方にお勧め

①手が小刻みにうまく動かせない方

②磨く力の強い方

③歯の矯正をしている方

 

電動歯ブラシは磨く力が強いので、使用する歯磨き粉に注意してください。

研磨剤が入っていないものや、低研磨、低発砲性のものを少量使用するのがおすすめです。

自宅での使用に適した充電式や外出先で便利な携帯電池式など、複数を使い分けるのもいいかと思います。

しっかりと正しい磨き方で磨くという毎日の習慣を身につけてください。

 

池袋駅 東口 西武百貨店となり 予防歯科・メインテナンス・クリーニング

審美、歯周病、矯正、インプラント、顕微鏡歯科の先進歯科医療まで

丁寧なカウンセリングで説明を大切にする街の歯医者さん「リキタケ歯科医院」

 

投稿日:2019年12月8日|カテゴリ:院長ブログ