心筋梗塞や脳梗塞の既往や疑いのある方に血栓(血の塊)ができにくくする「抗凝固薬」「抗血小板薬」が処方されることがあります。歯科で抜歯などの外科治療を行うときには出血を伴いますので、かつては薬の服用をお休みいただくことが常識だったのですが、最近では、薬を休んでいる間の血栓の危険性が強く言われるようになり、基本的にはお薬の服用をお休みしないで治療することが多く、事前にかかりつけの医師の指示をいただくことになります。

 

投稿日:2018年1月21日|カテゴリ:院長ブログ