残念ながら虫歯や歯周病で歯を失ってしまっても、
今後、歯を失わないようにいくつか改善できることを提案してみたいと思います

①残っている歯の治療をきちんとする
 歯を失ったり歯周病で歯を支える骨が減っている場合には、健康な歯が28本(親知らずを除く)ある場合に比べ、残った歯や骨が過剰な負担を背負うことになります
小さな虫歯や歯周病もきちんと治療しましょう

②これ以上歯を失わないようにしっかり守る
 今まで多くの歯を失ってきた方の場合、それまでの生活習慣や考え方を変えなければまた同じように歯を失うことになりかねません
自分の健康は自分で守る決意をしてみましょう
具体的には
食べたら磨く、間食に気をつける、禁煙するといった生活習慣を変える努力なども必要かもしれません

③そのうえで定期検診をうける
 治療してなんとかよい状態には近づけるのですが、
特にたくさんの歯を失っている場合や歯周病で歯を支える骨が少なくなっている場合には残った歯や骨に無理をさせている状態のため健全な歯列と比べると変化に弱い場合があります
ちょっとした炎症や力のバランスの狂いが破壊につながってしまう危険があります
古くて愛着のある家や車を機能的に、綺麗に、快適に維持するためにはこまめな手入れと定期的に点検して早めに支障に対応するように
重度であったり、全額的な治療をしたり、高齢になった方の場合は特に十分な歯の手入れが必要になってきます


そのために、私達医院のスタッフ一同でお手伝いをさせていただきますので
是非定期検診にお越し下さい



以上、Ray.でした

投稿日:2013年4月7日|カテゴリ:スタッフブログ