こんにちは !  歯科衛生士のQです。 前回までは、歯周病を予防したい方向けのワンポイントアドバイス 1.歯と歯ぐきの境目 2.歯と歯の間 3.舌の上         上の3箇所に歯周病菌が好んで居ますよというお話と、1番目の、歯と歯ぐきの境目をお掃除する、歯ブラシでの磨き方についてお話をさせていただきました。 今回は2番目の歯と歯の間の、お掃除の仕方についてのワンポイントです。 歯と歯の間のお掃除に使うものと言えば・・・?   フロス   歯間ブラシ   スーパーフロス  などがありますね。 ではフロスをする時のワンポイント    1.のこぎりの様に動かして歯と歯の接触点を通します。    2.片側の歯に添わせながら少し歯ぐきの中までのこぎりの様に動かして        お掃除しましょう。    3.もう片方の歯に添わせながら2.と同じようにのこぎりの様に動かして        少し歯ぐきの中までお掃除します。 注意すること   ・フロスを通す時に、上から”バチンッ ”と力任せに通さないこと。     *歯ぐきを傷つけてしまいます。   ・パチンッと通しただけで終わりにしないこと。     *歯と歯の接触点の歯垢は歯ブラシで落とせません。フロスは虫歯予防にとっても       効果的なんですよ。ですが、これだけで終わりにするのはもったいない!     *これで終わりにしてしまっている方がとても多いのです!!!   ・歯の側面まで歯垢を落としてあげることで間もツルツルに。そして少し歯ぐきの中ま     でお掃除することで、炎症があれば出血します。”歯ぐきが弱っていますよ。という     サイン! また、”出血が止まれば、”良くなりました。”というサインです。      *出血の有無で歯ぐきの健康チェックが自分である程度できますね。 歯間ブラシも同じように考えて行ってみましょう。   1.優しく間に通します。   2.歯の側面をお掃除しながら大切なのは歯と歯ぐきの境目です。 歯周病を早く治すには歯と歯のお掃除がとっても効果的! そして口臭が、かなりなくなります。 是非、みなさんも実践してみてください。 次回は舌の上のお掃除についてです。 では、明日も皆さんのお口をキレイに!! Qでした。☺
投稿日:2012年9月7日|カテゴリ:スタッフブログ