4月1日は医療法人康正会リキタケ歯科医院にとって新年度の始まりで暦でいう元旦のようなもの。
新たな清々しい気持ちをもって今日からも歯科医療サービスにスタッフともども取り組んでいきたいと思います。
開業して20年近くになると長いお付き合いの患者さんが多くなり、久しぶりにお顔を拝見してお互いに「いやいやお元気でしたか?今日はどうしました?」という定番のご挨拶をして、ほっこりすることが日々の診療の喜びとなっています。患者さんもお歳を重ねていくことで、お体の状態も変化していきますので、お話ししながら様々な情報を取り入れて健康状態も判断したうえで診療にあたることとしています。
「ピンピンコロリ」という言葉もありますが、コロリまで患者さんご自分の歯で好きなものを思いっきり召し上がっていただくように、歯科医療を通じてお助けすることが私の新年度に記するところでしょう。

投稿日:2018年4月1日|カテゴリ:院長ブログ