骨がスカスカになり、もろくなってしまう骨粗しょう症
骨折しやすいというリスクがあるだけでなく、歯周病を悪化させる原因のひとつにもなるのです

骨粗しょう症は、カルシウム不足が原因で加齢とともに進行します
特に閉経後の女性は、骨代謝に関わる女性ホルモン「エストロゲン」が急激に減少することで、著しく進行しやすくなってしまいます

なぜ、この病気が歯周病を悪化させるのかというと・・・

骨粗しょう症によって骨がスカスカになってもろくなる

歯槽骨の骨もスカスカになってもろくなる

歯周炎が進行した場合、急速に歯槽骨が溶け易い状態になる

日本には現在、約1000万人以上の骨粗しょう症患者さんがいるといわれています
そして、その約90%が女性
歯科医院でも高齢の患者さんが増えつつありますし、
お口のなかだけではなく、お身体の健康の変化にも患者さんと共に、柔軟に対応していけたらと思っております



以上、Ray.でした



投稿日:2015年5月24日|カテゴリ:スタッフブログ