こんにちは。衛生士のEKOです。 
 牛乳は健康のために良いとか、妊娠している牛から搾った牛乳は良くないとか、いろいろいわれています。人間の体にはどうなのか、情報が 多すぎてよくわからないですよね。

 歯にとっては、どうなのでしょう。調べてみると、牛乳・乳製品は虫歯について、ある程度の予防効果があることが分かっているようです。 理由として、
 ●お口の中の酸を中和する。 ●歯の表面にできるプラーク(歯垢)の形成阻止 
 ●エナメル質の再石灰化の促進 ●唾液分泌促進
  牛乳には乳糖というものが含まれています。
 phが下がると虫歯になるのですが、乳糖はphが5.1までしか下がらないそうです。
  しかし、お口の中の状態には、個人差があり、それによってphの下がり方にも個人差が生じてきますし、牛乳は、虫歯にならないと思ってし まうのは、注意が必要です。

 虫歯予防に、りんごがいいとか、コーヒーがバイオフィルムを破壊してくれるとか、いろーんな方法がいわれていますが・・・
 日々の口腔清掃と、年に数回の定期健診、それが最も大切ではないでしょうか。

投稿日:2015年2月28日|カテゴリ:スタッフブログ