日本のインプラント治療の草分けであり、オッセオインテグレーション概念を

確立されたブローネマルク先生の愛弟子である小宮山彌太郎先生が

「真の歯科医療従事者を志す若人への一老歯科医師からの提言」として新著を上梓されました。

力武が歯科医師になりたての頃から小宮山先生のお話は繰り返しお聞きする機会に恵まれ、

その歯科医師として人間としての真摯なる姿勢に畏敬の念を抱いてきました。

その神髄がこの130ページほどの本に凝縮されています。

世界に誇れる大いなる歯科医師としての小宮山先生の言葉を

多くの若い歯科医師がかみしめてほしいと思います。

歯科医療に携わる多くの人に必読の一冊です。

投稿日:2014年12月10日|カテゴリ:院長ブログ