こんにちは衛生士のYuです。(=^・^=)

毎日とっても暑いですね!みなさま夏バテしないようにお気をつけてくださいネ☆

近頃、定期検診やクリーニングで来院される患者様に歯がしみるといった知覚過敏の症状でお悩みの方が増えている気がします。

ここのところ気温が高く、蒸し暑い日が続いていますので、冷たい飲み物やアイスなどの食べ物を口にすることが多くなったからかもしれませんね(^◇^)

知覚過敏とは、虫歯ではないのに歯がしみる状態のことです。

歯の表面からの刺激が伝わりやすくなっている状態で神経が過敏になっています。

治療の方法としては、軽度の症状でしたら、しみ止めのお薬を塗ることで症状が軽減されることが多いです。

しみる症状が強い場合は歯の表面に詰め物をしてカバーし、神経に刺激が伝わるのを遮断する治療をすることもあります。

ブラッシングの力が強すぎると歯茎が下がってしまったり、歯の根元が削れてしみる原因になりますので力のかけすぎには気をつけてくださいね(^^)

歯がしみるから虫歯かな?と思ったら知覚過敏だった。ということもよくありますよ。気になることがありましたらご相談くださいね(*^^)v

投稿日:2011年7月21日|カテゴリ:スタッフブログ