こんにちは。さつきです(^^)

以前、噛みしめ癖について書きましたが、今回は夜寝ている間にやってしまう歯ぎしりについてです。

起きている間に歯を噛みしめないように意識することはできますが、寝ている間は意識できませんよね(>_<)

自分で歯ぎしりしているかどうか誰かに寝ている間のことを聞くことができればいいですが、一人暮らしの方などは難しいですよね。

そんな方は、起きた時、奥歯やあごが疲れていないかちょっと気にしてみましょう。

目で確認して歯が擦り減っていたらそれは歯ぎしりしている証拠です!(・・;)

歯ぎしりはストレスが原因になっていることが多いそうです。

ですが、現代社会でストレスなく過ごすことなんてそうそうできませんよねぇ。。

上手なストレス解消法を身につけるとともに、寝る時につけるマウスピースを作ることもいいと思います(^^)

また、歯の詰め物が合わず、歯ぎしりをしてしまう方もいるのだとか。もしそれが原因なら、咬みあわせを調整したり、詰め物を作り直すことで良くなることもあります。

歯が痛くて歯科へ行くことが多いと思いますが、痛くなくてもこのように歯やお口のことでお困りのことがありましたら、悩む前にぜひご相談くださいね(*^_^*)

 

投稿日:2014年5月30日|カテゴリ:スタッフブログ