医療法人社団康正会リキタケ歯科医院の豆の木です。

 

歯周外科手術は、一般的に歯周基本治療後の再評価時の歯周ポケットの深さが概ね4mm以上,歯周ポケット測定時の出血を認めた場合に適応となりますが、歯周ポケットの深さがこれより浅かったり,歯周ポケット測定時の出血がなくとも、歯肉の形態不良改善の為に、手術がおこなわれることがあります。歯周外科手術の術式を選択するにあたっては、骨欠損状態が重要な判断基準になります。

 

以上です。

 

 

 

 

 

 

 

投稿日:2013年10月6日|カテゴリ:スタッフブログ