こんにちは。衛生士のYuです。

私たちの歯は人それぞれで、生まれつき虫歯になりにくい歯もあれば、虫歯になりやすい柔らかい歯もあります。

歯の硬さは遺伝子や、歯の形成期の健康状態と栄養摂取に影響されるんですicon_razz.gif
丈夫な歯を作るにはバランス良く栄養をとることが大切です。

歯の主成分であるカルシウムをたくさん摂取すればよいと考えられがちですが、それよりフッ素を多く含有した海産物 を食べるように努力したほうが効果的です。

歯が作られはじめる胎児の時期から、永久歯列の完成する12歳ごろまで、フッ素をはじめ歯の原料を多く含む小魚を骨ごと食べていれば歯の内部まで耐酸性の高い歯になりますicon_exclaim.gif
普段の食事からもフッ素は摂取できます。海藻類、小魚、エビ、お茶などには多く含まれているんです。。

歯の表面についてはフッ素のうがい薬や、フッ素入りの歯磨き粉を使用すると効果がありますよ。

フッ素で虫歯に負けない強い歯になりましょうicon_smile.gif

投稿日:2011年4月27日|カテゴリ:スタッフブログ