こんにちは。歯科衛生士のEKOです。暖かさが心地よくて、久しぶりに近くの公園まで、お散歩してきました。風は強かった、でも、若葉の匂いが新鮮でした。

皆さんは、歯科医院で、お口のなかをチェックしてもらったときに、2mmとか、5mmとかそういう言葉をよく耳にしませんか?「何の数字?」って思ってらっしゃる方が多いのではないでしょうか。  それは・・・歯周病の有無、進行状態をチェックしているんです。歯と歯茎の間にある溝(歯周ポケット)の深さを測り、状態を確認しているんです。

 歯周ポケットの深さの違いが、歯周病の状態の目安となります。

  • 3㎜以下・・・健康 icon_biggrin.gif
  • 4㎜~6mm・・・歯周病の可能性がある icon_neutral.gif
  • 7mm以上・・・進行した歯周病の可能性がある icon_cry.gif
この数字は1つの目安で、数値だけでは判断できません。  深さの測定以外にも当医院では、
  • 歯周ポケットの出血の有無
  • 骨の状態を調べるレントゲン撮影
  • 歯の動揺度
  • かみ合わせの状態の診査  などなどを行い、皆様に、情報の提供、治療、指導をおこなっていますので、ぜひ、チェックに御来院くださいね。  
                                                                                                                                                         

投稿日:2011年4月26日|カテゴリ:スタッフブログ