こんにちはAMIです。

幼児~う触のお話をさせていただきます。

乳歯う触は次のような特徴があります。

①う触の罹患性が極めて高い

②進行が速やか。

③容易に歯髄炎、歯根膜炎に移行しやすい。

④第二象牙質の形成が活発である。

⑤発育環境に左右される。

⑥発生に年齢的変動がみられる。乳歯列期では3~5歳に非常に多い。

⑦う触の発生は上額前歯部(上の前歯)と下額乳臼歯部(下の乳歯の奥歯)に多い

ですので乳歯だからこそ、う触(虫歯)になりやすいし、だいだい6歳過ぎると

混合歯列期(乳歯と永久歯)の時期になるので小学校低学年までは

保護者の方の仕上げ磨きが重要になってくると思います。

投稿日:2011年4月20日|カテゴリ:スタッフブログ