こんにちは。歯科衛生士のあみです。

妊娠中はとくに歯周病予防に心がけましょう。
妊娠中はつわりなので歯のケアがおろそかに
なりがちなうえ、女性ホルモンの分泌バランスもさ
変化するので、歯周病になるひとが多くなります。
さらに、妊婦さんが歯周病になると、早産になったり
赤ちゃんが小さく生まれる危険性が高まることも
わかってきています。妊婦中こそ、お口のケア
が大切なので、日々の歯ブラシと歯医者での定期検診
をオススメします。

投稿日:2013年7月4日|カテゴリ:スタッフブログ