こんばんは。桜ん坊です。 寝苦しい季節になってきましたが 充分な睡眠をとれていますか? 睡眠中にかいてしまう[いびき]。 無呼吸症候群に伴う場合もありますが,無呼吸症候群でない方も かいてしまう事がありますね..。 原因としてあげられるのは *鼻に病気がある アレルギー性鼻炎,慢性副鼻腔炎などがあり,鼻がつまりやすい為に空気の通り道が狭くなり ,鼻腔の空気抵抗が大きくなり 軟口蓋の裏部分が陰圧の状態になりやすく,軟口蓋や口蓋垂が振動しやすくなり起こる *喉に病気がある アテノイドが大きい場合,口蓋垂が長い,気道が狭い人,口蓋扁桃腺肥大,顎が小さい *疲れやストレス 身体が疲れていると,寝入った時には身体中の筋肉が弛緩してしまう。すると舌や軟口蓋が垂れ下がってしまったり呼吸をしている筋肉,気道の粘膜も弛んできてしまう *飲酒 アルコールを飲んで寝入った時も,鼻腔の粘膜にうっ血が起こり 喉の筋肉が弛緩してしまう *老化 気道の粘膜や組織も弛んでくる *肥満 気道に脂肪がたまり粘膜を押し出し気道を塞いでしまう 参考にしていただき これから迎える暑い夏を乗り切って下さいね♪
投稿日:2013年7月4日|カテゴリ:スタッフブログ