こんにちは。YUです(*´ω`*) 歯ぎしりの原因は遺伝を含む複数の原因がきっかけになると言われています。 眠りが浅くなると起きやすくなります。他にはストレスやいびき、睡眠時無呼吸症候群などが原因になると言われています。 歯ぎしり続くと歯がすり減ってしまったり、欠けたり折れたりします。 歯ぎしりは顎に負担がかかるので関節が痛んだり、口が開かなくなってしまう顎関節症の原因になることもあります。 また、歯周病を悪化させてしまうこともあります(>_<) 治療法としては、ストレスが原因となっていることが多いので、まずストレスの原因を取り除いて質のよい睡眠をとるようにしましょう。 歯ぎしりによる顎の負担を軽くしたり、歯を保護するためにマウスピースを作ることもあります。 歯ぎしりしているかも?顎が痛いなど、気になる方はご相談くださいね(´・ω・`)
投稿日:2013年6月4日|カテゴリ:スタッフブログ