医療法人社団康正会リキタケ歯科医院の豆の木です。

 

SPT時において、その時の検査の結果により必要な治療を行う事があります。

 

たとえば、歯周組織の状態が悪化した場合には、プラークコントロールの強化(ブラッシング指導など),歯周ポケット内への薬剤の投与,再沈着した歯石除去,歯周ポケットの掻爬,さらには歯周外科治療を行う事もあります。

またかみ合わせの問題を改善をする為に、かみ合わせの調整や詰め物,被せ物の調整,形態修正を行う事もあります。

 

SPTは歯周治療の予後を良好に保つための唯一かつ不可欠な治療です。治療が終了しても定期的に受けて下さい。

 

もう引っ張れないので次回は違う内容で。

 

 

 

 

 

 

投稿日:2013年6月2日|カテゴリ:スタッフブログ