どぉも、医療法人社団康正会リキタケ歯科医院のJack. です。

 連休も終わってしまいましたが、皆さんはどのように過ごされましたか?
4月29日は「昭和の日」、5月3日は「憲法記念日」、同5日は「こどもの日」。。。
休日の名前はスラスラ♪と出てきます。
では、5月2日は何の日でしょう? 。。。歯科医療従事者でも知らない人が多いようです。
5月2日は「歯科医師記念日」なのです!
その根拠は明治39(1906)年にまで遡ることができます。
同年第22回帝国議会に提出された「歯科医師法案」は貴族院でも可決され
「医師法」とともに「歯科医師法」が成立し、時の首相西園寺公望の奏請により、
5月1日裁可が下り、翌2日に公布されました。
この公布日を記念して「歯科医師記念日」が制定されたわけです。


  ↑旧歯科医師法御署名原本 (国立公文書館蔵)

画像から、昭和最後の元老と称せられた西園寺公望、後に平民宰相と称せられた原敬、
麻生太郎元首相(現財相)の曾祖父牧野伸顕の名前も読むことができます。
今年で107年になる歯科の歴史のお噺でした。

では今日はこの辺で。

投稿日:2013年5月12日|カテゴリ:スタッフブログ