こんばんは。桜ん坊です。

先日,日本経済新聞に [歯ぎしりは 警告サイン]と掲載されました。

寝ている間に無意識に歯と歯をすり合わせるために, 自覚症状がない人も多いと思いますが、
放置しておくと,歯が擦り減るだけでなく歯周病が発症,悪化することがあります。
日中強く噛む際の十数倍の力がかかる[歯ぎしり]
良質な睡眠の妨げになるのは当然なうえ, 顎の疲れや痛み,肩凝りや頭痛をも引き起こします。

最近
*詰め物がよくはずれる
*朝寝起きた時に顎が痛い
*歯がしみる
*歯がかけた
*頬の内側や舌周辺に歯の跡がついている

このような方は早めに歯科での相談をお勧め致します。

睡眠時に装着するスプリントは保険適用です。

投稿日:2013年5月9日|カテゴリ:スタッフブログ