失った歯を補う方法にはいくつかの方法があります
今日はその方法の一部をご紹介したいと思います

①固定性義歯:ブリッジと呼ばれて失われた歯の両側の歯を削って冠を被せて接着、固定する義歯です。失われた歯が1~2本と少ない場合で両側に歯が存在している場合が適応となります。動かず余計な構造物が無いので異物感がなく良いのですが両側の歯を削る必要があることが問題です

②取り外し義歯(レジン床):奥歯が失われたり多くの歯が失われた場合は取り外し形式の義歯になります。義歯が動くこと、バネや連結装置などの余分な構造物があるために違和感や発音がしづらいなどがあります

③取り外し義歯(金属床):床の厚さが気になったり食物の温かさ・冷たさを感じたり、口蓋(上顎の裏側の面)をあまり覆いたくないなどの希望を満たすために床を金属にする場合があります

④人工歯根(インプラント):顎の骨の中にチタンの金属体を埋入して歯根の代用にするものです手術が必要なのと治療期間がかかること、費用がかかることなどがありますが、歯が戻ったような再現性があります

他にも色々な治療がありますので分からないことや聞きたいことがありましたら是非お問い合わせください

GW明け7日から通常通りに診療しております

以上Ray.でした

投稿日:2013年5月6日|カテゴリ:スタッフブログ