こんばんは。衛生士のEKOです。凍えるような寒さが続いています。暖かくしてご自愛くださいね。

先日、広島の新入団7選手が広島市内の広島口腔(こうくう)保健センターで歯科検診を行い、高校通算20本塁打のドラフト5位内野手・美間くん(鳴門渦潮)が驚異の数値を叩き出したそうです。

かむ力を表す咬合(こうごう)力で10歳代男性の平均である618ニュートン(N)を大きく上回る1295Nをマーク。作業能力にたけ、優れた番犬として知られるロットワイラーをも上回る数値となったそうです(@@)

「小さい頃から歯が悪くて、虫歯が多かった」ので…幼少時からスルメイカや乾パンなど固いものを好んで食べていたとのこと。検診に立ち会った歯科医師は「この検査を8年見ていますが、見たことのない値」と、かなり驚いたそうです。「打つときは、かむ力が強い方がいい。インパクトの瞬間に力が入る」と、本人は、喜んでいるそうです♪

美間くんの計測した1295Nは、肉食魚として知られるピラニアが咬合力は1240N以上とされているので、まさに「人間離れした歯壊力」凄いですね~(^^)

投稿日:2013年1月28日|カテゴリ:スタッフブログ