こんにちは。歯科衛生士のあみです。 今回、院内セミナーにて発表させていただいた一部ですが.... 内分泌機能の変化⇒唾液に粘りが出たり口腔内が酸性に傾きます。 ビタミン新陳代謝障害⇒う蝕防止作用の低下。 食事・間食の増加、つわりによる口腔内清掃不良⇒プラーク停滞、細菌増殖。 と言われていて口腔状態は悪化しやすいい状態になりがちですので 妊娠中の定期検診も体調みながら、ぜひお待ちしています。
投稿日:2013年11月5日|カテゴリ:スタッフブログ