こんにちは。歯科衛生士のあみです。

混合歯列期の乳歯の抜歯は咬合誘導の考えかたから
すると慎重な対応が必要です。

不用意な乳歯の抜歯は、歯の交換の連続性を失い、かえって歯列不正を
生じたり、小臼歯の歯列不正を生じたり、小臼歯の抜歯症例を生じる
ことになるので、定期的な検診をお勧めします。

投稿日:2013年9月18日|カテゴリ:スタッフブログ