こんにちはYUです(^ω^)♪

妊婦さんの患者様から「歯茎がとても腫れてしまって出血もある」 「妊娠中は虫歯になりやすいと聞いたので心配」といったご相談をうけることがあります。

妊娠すると歯が悪くなると言われていますが、その原因はお腹の赤ちゃんがお母さんのカルシウムを吸収するから。。ではありません(´・_・`)

妊婦さんの虫歯の原因としては、”ホルモンのバランスで唾液が粘り食べかすが残りやすい” ”唾液が酸性に傾きお口の中の細菌が増えやすい” ”つわりで歯磨きがしたくなくなる” などの理由があります(`・ω・´)

歯茎の腫れや出血の原因としては、エストロゲンやプロゲステロンなどの女性ホルモンの分泌が盛んになり、このホルモンを好む細菌が増えることにより歯肉炎になりやすくなります。(>_<)
しかし必ずしも妊婦さんが歯肉炎になるとは限らず、日頃から歯磨きをしっかり行えば歯肉炎を防ぐことは可能です(^-^)

妊娠中は妊娠前以上にお口のケアが必要になりますが、ご自分で隅々までケアするには難しい部分もあります。
ご出産後に赤ちゃんと安心して過ごせますように♪少しでもお手伝いできればと思っております。(*´ω`*)


投稿日:2013年5月21日|カテゴリ:スタッフブログ