1日の喫煙本数が21本を超える方の場合、 9本以上の歯を喪失する率が非喫煙者の2倍になります。 また喫煙歴が31年以上であれば3倍に上昇します。 喫煙の歯の周りの組織(歯周組織)への悪影響としては以下のように考えられています。 ニコチンなどの成分が血管を収縮させて、歯茎を低酸素状態にし、歯周組織を破壊します。 それと共に、間接的に免疫力を低下させ、炎症状態が現れにくくさせるため 歯周病の進行に気づきにくくさせるのです。 これによって、歯を失うリスクを高めることとなります。 また、喫煙はインプラント治療にも悪影響を与えます。 ある報告では非喫煙者のインプラント脱落率が1.4%だったのに対して、 喫煙者では脱落率が15%であったとされています。(5年間、165本のインプラント) 2011年2月の煙草の販売本数は昨年比マイナス17.5%。 (昨年の大きな値上げによって販売実績金額ではプラス13%) たばこの監督官庁が厚生労働省ではなく財務省ですので、 ”健康のため”という視点での禁煙が一筋縄ではいかないのでしょうね。
投稿日:2011年4月11日|カテゴリ:スタッフブログ, 院長ブログ