こんにちは。歯科衛生士のQです。 日中は暑いのに夜は涼しいので、体調を崩している方が結構いらっしゃるようですね。 どうぞお気を付け下さい。 今日は乳酸菌がお口の中で働くしくみのお話です。 お口の中には、100億を超える細菌が生息しています。 健康な状態では善玉菌や悪玉菌はある一定のバランスに 保たれていますが加齢や疲れストレスなどで悪玉菌が多くなってしまうと、 ニオイやネバネバの気になるお口になってしまいます。 善玉乳酸菌は、お口の細菌バランスを正常に整えてくれます。 1.おくちに入れる    乳酸菌は錠剤の中では眠っていますが、唾液に触れると目を覚まします。 2.なめる    お口の中をただよって歯の表面にたどりついた乳酸菌は歯垢に取り込まれます。 3.乳酸菌が働く    悪玉菌は、乳酸菌が大の苦手。乳酸菌は歯垢の中にいる歯周病菌などの悪玉菌    に働きます。 お口の中の悪玉菌を減らすことは、とても大切ですね。  1.歯磨き  2.舌の清掃  3.乳酸菌 特に口臭やお口のネバネバが気になる方にお勧めです。 今日も皆さんのお口をキレイに!  Qでした☺  
投稿日:2012年5月22日|カテゴリ:スタッフブログ