歯みがきをする時に歯ぐきから血が出ることはありませんか?
なぜ歯ぐきから出血するのでしょうか?

歯ぐきに傷が出来てしまった場合を除き

歯ぐきからの出血は身体の自己防衛作用の一種です

歯の周りに汚れ=ばい菌が付くと身体がその汚れ=ばい菌を撃退しようとします
汚れ=ばい菌が日々溜まって来ると身体はそのばい菌と戦うために白血球=血液を集めようとします
しかし何もないところに血液を流すことは出来ないので身体としては一時的に歯ぐきを増殖させることになります
その歯ぐきの中には毛細血管が多く作られることになり当然血液量が増えます

歯周病の症状が進んでいくと通常ピンク色である歯ぐきの色がだんだん赤くなっていくのはこのためです
このような部分は上手くブラッシングが出来ていないため身体が代わりに治そうとしている状態ともいえます

歯ぐきには皮膚組織がないので粘膜がそのまま露出しています
そのため歯磨きをした時などに歯ぐきを触ってしまうと簡単に毛細血管が破れてしまいその結果出血してしまうことになります

このような理由から当然歯に付いている汚れ=ばい菌の付き具合によって出血量は変化します
汚れ=ばい菌が多ければ多いほど身体がその部分のばい菌を退治しようとして白血球を送り込むために毛細血管が多く存在することになります
つまり出血量が多ければ多いほど歯の周りに汚れ=ばい菌が付いていたといえるので歯周病の症状が進んでいるということになります

歯周病治療の際の歯石除去等をするときはこのように症状が進んでいる=汚れている場所を特に念入りに処置することになります
当然歯周病治療の際には数多く存在している毛細血管が破れてしまうことになるので処置後にお口の中が血だらけになってしまうことがあるのです
途中でうがいをしてもらう際に血が沢山出るのもこのためです

同様に歯みがきの時に歯ぐきから血が出るということはその部分が汚れている証拠でもあります
そのような部分をしっかり磨くことができたり
しっかりとした歯周病治療を行うことが出来れば
白血球=血液の出番が減ることになるので徐々に毛細血管の数が減ってきます

その結果歯ぐきの増殖も治まって歯ぐきが引き締まっていくこと=治癒に向かっていくことになります

ですから歯ぐきから血が出る場所ほど丁寧に磨いて頂くことが大切なのです



以上Ray.でした

投稿日:2012年2月29日|カテゴリ:スタッフブログ