こんにちは。アシスタントの華です!先月矯正セミナーをしましたが、元々、全く矯正の事を知らなかったので……歯が動くメカニズムに驚きました!

歯が動くメカニズムに重要な歯槽骨(歯を支えている顎の骨)。この歯槽骨には、減ったり・修復する力があり、歯槽骨に恒常的に力を加えると、骨を食べる細胞『破骨細胞』が働き、歯槽骨が破骨細胞に食べられて減り、結果わずかなスペース(歯が移動出来る隙間)を生み出す事になります。その逆に、減った分の隙間を埋めようとするのが『骨芽細胞』。歯根膜と言う、歯と歯槽骨の間にある繊維組織の歯根膜が引き伸ばされると、歯根膜の中にある、骨芽細胞が働き、新しい骨を作り始めます。

歯が動くメカニズム、人体の力って本当にスゴイと驚きと感動を改めて感じました。

投稿日:2011年11月2日|カテゴリ:スタッフブログ