最終補綴物ができるまでに一時的に使う仮歯。
一時的な見た目や咬み合わせを維持するために使うという意味では
テンポラリークラウン(テック)という呼び方でもいいのでしょう。
ここから一歩進んで、治療の過程で咬合関係・機能状態・歯周組織の反応などを
評価しながら最終補綴物の理想形態へ近づけていくのがプロビジョナルレストレーション。
ここで熟成していくほど最終補綴物の長期的な安定性が高まっていきます。

大きなものは模型上で作成して準備していきます。


今日もおひとり、上下顎のプロビジョナルレストレーションを装着させていただきました。 次回からは、じっくりとブラッシングの練習です。 ひとつひとつのステップを大切にしましょう。
リキタケ歯科医院HP  https://www.4618.ne.jp/
投稿日:2011年3月4日|カテゴリ:院長ブログ