中学生のころ上野にパンダを見に行きました。

その当時にいたのは、日本に最初に送られて来たカンカンとランラン。

ほとんど行列の記憶しかありません。

次に送られたのがホアンホアンで、その次がフェイフェイ。

その後生まれたチュチュだけどすぐに死んでしまったかな。

トントンは生まれてすぐに見に行った時、小さくてぬいぐるみみたいでした。

本当に可愛くてこれがパンダなのねと思ったけど、

6か月もすると、あれっと思うくらい大きくなって普通のパンダでした。

その次がユウユウ。その代わりにきたリンリンがなくなって3年ですね。

さて、今回来日したパンダの日本名が募集されていました。

私の予想は、ケンケンとシュンシュン。

皆さんの予想は? 3月末には発表になるそうです。

投稿日:2011年2月21日|カテゴリ:院長ブログ