こんばんは、衛生士のEKOです。ここ最近は、毎日が湿った空気と暑さで、参っちゃいますね(**)秋の訪れは、かなりスローペース、待ちどうしいですね。

 先日、母乳育児をされているママさんが、抜歯することになり、麻酔やお薬について気にされていました。お母さんとしては、やはり心配ですよね。

 歯科で通常使用される麻酔薬は「キシロカイン(リドカイン)」と呼ばれるものです。
この中には血管収縮剤が含まれています。
これは麻酔部位以外に薬液が広がりにくい、麻酔時間が安定する、術中の出血を減らせる
等の理由によります。この作用で麻酔薬自体が全身に廻りにくいようになっています。
またこの薬剤自体も授乳中にも安全と言われています。
基本的には抗生物質の投与が必要な場合は、授乳を中止して使用します

抜歯後の抗生剤は、飲んでから12時間は効果が持続するそうで、母乳を止めてミルクにしてくださいね。抗生剤は術後感染の防止(化膿止め)の他に、患部の腫れを抑制したりする目的で使用します。抗生剤なしでは、術後にかなり辛い思いをするかもしれません。普通の鎮痛剤でも頓用で用いる程度なら短期間であるので支障はないとされているそうです。
 歯の痛みは本当に我慢できないと思います。
 お母さんが辛いと、赤ちゃんも辛いでしょうから、授乳中だからと我慢しないで、ご相談してみてくださいねicon_biggrin.gif

投稿日:2011年9月12日|カテゴリ:スタッフブログ