こんにちは、歯科衛生士のAMIです。

先日リキタケ歯科医院内でのセミナーがあり口臭について学びました。

ー口臭の予防で心がけることー

①虫歯・歯周病の治療・・・虫歯や歯周病があると、繁殖した細菌が悪臭

を放ったり、炎症を起こし、膿が溜まって口臭の原因となります。

②念入りな歯磨き・・・きれいに磨いてるつもりでも、磨き残しがあるかも

しれないので歯科医院での歯磨き指導を受けたり、市販の染めだし液を

使用して仕上げ磨きの参考に使うと効果的でしょう。

③舌の掃除・・・歯だけではなく、舌の丁度真ん中あたりに舌苔

(コケのような舌の汚れ)が付着しますので、できれば専用の舌ブラシを

しようして1日10回を目安に舌の奥から手前方向に優しくあてて

洗ってください。

④唾液の分泌を促進する・・・唾液は口腔内を殺菌する作用があるので

唾液が減少すると殺菌が繁殖しやすくなり、口臭や虫歯、歯周病の原因

となってしまいます。

唾液腺を刺激することによって唾液が分泌されるので、ガムを噛んだり、

口をよく動かしたり、水分を十分補給することも効果的でしょう。

⑤病気を治療する・・・口臭はほとんどが口腔内トラブルが原因ですが

中には胃腸や肝臓が弱ってる場合は体内に入った食べ物の物質が

うまく分解されず、悪臭のもととなって呼気とともに排出されることが

あります。

⑥ストレスを溜め込まない・・・ストレスや緊張を受けることによって自律神経

が乱れ、唾液の分泌量を低下させるためなのです。

⑦定期的に口臭をチェックする・・・ケア方法というより、自分の口臭に対して

常に自覚症状を持つことを習慣として取り入れることが望ましいでしょう。

口臭が気になる時は歯科医院でのクリーニングをまずはおすすめ

しますので、なにか気になることがございましたら、スタッフにお声かけして

ください(*^_^*)

投稿日:2011年9月5日|カテゴリ:スタッフブログ